理念・方針

大谷保育協会のスローガン

「ともに生きともに育ちあう保育を願って」 *差異を認め合う保育の実践
~ 一人の人として尊ばれ、心身豊かな人として成長を遂げることを目指します ~

本園は、学校教育法の示す基準に従って保育を進めると共に、仏教精神に基づいた教育を行い、「ともに生きともに育ちあう保育」を願い、自然との触れ合い体験や畑活動、リトミック、造形活動等、実体験を通して五感をはぐくみ豊かな人づくりを目指します。

~保育方針~

地球の画像 〇原体験や環境を通して学ぶ(遊ぶ)ことを大切にし、子ども本来が持っている豊かな感性や成長する力、身体を育みます。
〇地球上の全ての生命に生かされていることに気づき、他者と共に感謝する心を育みます。
〇自己肯定感を高めるため一人ひとりの心情に寄り添ったサポートや保育のあり方の工夫。
〇一人ひとりの健やかな育ちを願い、家庭・地域・関係機関との連携を図ります。

~保育目標~ 四つの柱

生命尊重(健康と思いやり)
基本的な生活習慣と健全な心身の基礎を培う。活動内容では、リトミック、お散歩などが入ってきます。
真理追究(主体性と考える力)
主体的に物事に取り組み、考えたり、創意工夫して困難に立ち向かう態度を培う。活動内容では、コーナー遊びや絵本、お話を聞くことなどが入ってきます。
和合精進(協力と自立)
さまざまな人や物に触れ、自分らしさを発揮し、協力する力を培う。活動内容では、身辺整理や片付け、着脱、わらべうたなどが入ってきます。
報恩感謝(感謝と豊かな感性)
自然、生命(いのち)、感性を大切にし、豊かな情操の芽生えを培う。活動内容では、畑の収穫、水や土・雪とのふれあいなどが入ってきます。

 

食育について

食事風景
大谷幼稚園では、食育基本法が出来るはるか前より食育活動に取り組んでおります。畑の土おこしから自園での野菜の収穫、調理、クッキング、そして食する。食育は五感を育むとても大切な活動なのです。
近頃では、料理をすると頭がよくなり、自立する人として成長するという本も出ているほどです。

●食育で大切にしたい事

〇楽しく食べる
〇旬の野菜や果物を様々な形態で食べる
〇食を通して日本や地域の文化に触れる
〇食べ物を頂くことを通して、命、お蔭さまについて学ぶ
〇食べる食べないは子どもたち一人一人が決める